元の施工があまり良くなかったときにリフォームをするのは気になるところですが、業者に基礎を調べてもらいます。

リフォームを考えて生活をする

Topics

元々の施工がずさんだった時リフォームはどうか

工業製品であればほぼ品質は同等です。少しの割合で不良品が出ることはありますが、稀なケースと言えるでしょう。では住宅に関してはどうかです。住宅に関しても最近は工業製品のように品質がかなり統一されてきたと言われますしかしそれでも施工業者によって差が出るとも言われます。建売などであればどのような施工がされたかはわかりません。そのために住み始めて少しずつ問題がわかってくることがあります。施工がずさんだったなどです。

ずさんでも最低限住める状態の場合は修正の依頼はできません。よほど大きな問題があれば別ですが、一般に住める状態であればそのまま住むことになります。結局20年近く住んできて、いよいよ住宅を変更しようと思ったときにリフォームにしようか建て替えにしようか迷うことになったのです。気持ちとしては全て建て替えてスッキリしたいところですが、決してお金もありません。この時にはどういった選択をしなければいけないかです。

元の施工が気になるなら業者にひと通りチェックしてもらいます。修正した方がいい、そのまま使えるなどを調べてもらえます。最低限基礎が使えるのであれば可能になります。信頼できる業者にみてもらうようにします。

おすすめリンク